HOME>オススメ情報>どこまでプロに任せるべきかを考えるのが基本

ニーズに合わせたプラン

ダンボール

現代の引越しサービスはスタッフの手と専用のトラックを使用した運搬という点は基本ですが、ある程度柔軟な対応が可能であることが多いです。様々なニーズに応えられるようにプランも多種多様で、大体単身パックと2人で利用できるもの、家族でのプランの3通りはあると考えて良いでしょう。その外にもシニアやレディースなど、特定の条件を満たせば割安になったり、より安全に利用できる独自の内容を用意しているところもあります。どのプランでもほぼ共通しているのは大型の家具や家電の運搬で、よほど力持ちの人でない限り安全に運ぶのは難しいです。その点専門家であれば体制化された動きでスムーズに進められ、養生もしっかり行うので、建物と運搬物が破損してしまうトラブルを防げます。

自分での作業で安くなる

ダンボール

どの引越しのサービスでも大抵は依頼者側でどれだけ作業をするかによって料金が左右され、最も安く済ませられるのは自分で運ぶのか難しい大型家具のみの運搬です。そして食器や衣類など細々したものは、荷造りと荷解きがそれぞれ別で指定できる場合が多いです。特に荷解きをする際は、生活スタイルに合わせることになるので、自分で行った方が効率性が上がる可能性さえあります。そのため何も考えずに丸投げしてしまうのではなく、細かく指定した方が費用面での負担が減ります。

乗り合いでコストを抑えられる

ダンボール

また少量の荷物を運ぶ場合で、日程に余裕があれば、乗り合いの引越しサービスを用意しているところもあります。ひとつのトラックに同じ方面に向かう複数人分の荷物をまとめて積載するという内容で、コストを抑えられるのが特徴です。日程に余裕が求められるのは、トラックに積める量がある程度まで溜まるのを待つ必要があるからです。そのため数日間ない程度であれば困らない荷物だったり、転居の日程を調整できる場合に適しているサービスです。

広告募集中